東南アジアの熱帯魚

東南アジアの熱帯魚について

東南アジアの熱帯魚で人気なのはベタです。デパートのペットコーナーなどでも、小さなビンに入れられて売られているのをよく見かけます。また、たいへん高価ですが、アジアアロワナも高級な熱帯魚として知られ、テレビドラマやCMなどでも時々、見かけることがあります。

東南アジア産熱帯魚の産地

東南アジアにおける熱帯魚の産地として良く知られているのが、インド、タイ、スマトラ、ボルネオ、スリランカなどです。シンガポールでは様々な熱帯魚が養殖され世界中に輸出されていますし、タイではベタの養殖が盛んで、闘魚として強い品種に改良されています。